ゆりしぐさ ~百合漫画の表紙の構図にパターンを見出す~

百合漫画の整頓をしていたら構図にある程度のパターンが見出されたので書き出してみることにしました。


百合漫画といっても所持しているタイトルに限られるし整頓中に気付いたいくつかの手近なものを並べた感じなので、もっときちんと並べてみれば更に多くのパターンが見出されるかもしれませんが。


暇なので――暇ではないのだが――百合漫画の表紙に類似性の見られる冊子を並べてタイトルをつけて語ってみました。

 

パターン1:頬を挟んでいる

すごく百合らしい雰囲気になるのがこの表紙。おかしくない? やばくない? やばい…尊い…という一気に理性を奪われるこの雰囲気の理由を考えてみました。

まず何故か一目で百合とわかってしまう。

何故なら女子が女子の頬を挟んで一方を注視しているから。

そして両手の掌を頬に置くという時点でもうそれは二人の距離感のなさを決定付けています。

画像で見て頂きたいです。

f:id:krkawwa:20180521162059j:plain


一方の女性が一方の女性の頬を挟むことによって生まれる場の雰囲気には若干恋愛だけではない支配的なテイストが加わるように見受けられます。
頬を挟まれる側の女性の表情に注視してください。
喜怒哀楽の感情が如実に表現されています。

つまりその放埓さの前提として相手への信頼感情、安心できる存在として認識しているがための気の許しを感じさせる構図です。
ここに示した漫画も相手との秘密を共有するストーリーが多く、秘密の共有や、それから生まれるちょっとした上下関係からこの構図が導き出されたのかもしれません。

このパターンから想起される関係は「信頼」「愛着」といった対等性であるように思われます。名付けるなら「君が好き」とでもいいましょうか。


男女の恋愛ものであれば「顎クイ」とか「壁ドン」とかに匹敵する仕草でしょうか。
この「両手のひら頬挟み」あるいは「頬挟み」は「百合しぐさ」としてどんどんやっていきをしてほしい表現のひとつです。
画像には収めていませんが「やがて君になる」第一巻表紙もこのパターンを踏襲しながら嵌りきっていないという点が頭ひとつ抜けています。そのあたりはまた余地があるときにでも別項で。

 
パターン2:宙に浮く

浮く。浮いちゃってる。片方の女性が浮いているパターンです。なんかもう…何? この…片方が浮いていることによってファンタスティックな女神感が醸しだされて求める理想がここにあるみたいなこの神聖な二人の領域には誰も入れませんみたいな。画像をごらんください。

f:id:krkawwa:20180521163454j:plain

片方が浮いているといってもさまざまなパターンがあります。「さよならフォークロア」においては浮いている上にあすなろ抱き
その上で「さよなら」ときているのでいかにも儚い百合といったイメージですが彼女たちが離別を告げている相手は古い慣習です。自ずからの関係性ではなく。それを思うとこの「浮遊」の表紙には古さとの乖離、伝統への革命宣言的な潔さも感じられます。
「ふたりべや」「オンリー☆ユー ~あなたと私の二人ぼっち計画~」に至ってはもう相手の懐に飛び込んでしまっています。浮くどころじゃない、飛び込み
近年の百合姫作品においては出色の「明日、きみに会えたら」では鏡越しに手をあわせて浮いているという複雑な構図です。これはタイムリープを生かしたパラレルワールドもの、という物語の枠組みをよくあらわした構図とも言えるでしょう。
「明日きみ」は複雑な設定のうちに同一キャラクターを様々な関係性の枠組みにおかせることで多彩な表情を見せるという巧妙な仕掛けに成功しています。表紙にもこれくらいの情報量が適しているといえます。
「浮遊」の表紙は少女の幻想性を表現する時に適しており、その位置関係によって彼女たちの関係性も予想できます。好き。このパターンは「蝶々」と名付けたいです。勝手に。画像には納めておりませんが名作「終電にはかえします」もこのパターンで、乖離と飛び込みを程よく備えています。ケースの奥にしまっているのですが出してくるのが大変だったのでちょっと画像にお納めできていませんが…うん…そういうこともあります。ブログなのでそのへんはお許し願います。暇をみつけて差し替えます。

この要素に気付くと登場する主要人物の年齢の高い百合の代表作に「寝転んでいる構図」が多いことも自然だと感じられてきます(「私を私の世界を構成する塵のような何か。」や「2DK、Gペン、目覚まし時計。」等)

 

パターン3:挙式している
はい、こちらの画像をごらんください。

f:id:krkawwa:20180521180423j:plain

ご成婚おめでとうございます。
もう結婚している。結婚しているんです。結婚しているんですよ。
もうこれ…わかります? 私にはわからない。尊すぎて意味がわからない。でもわかる。理解はできている。でもわからない…尊すぎて理解が及ばない領域…何この神々しい…涙がとまらない…ありがとうございます…。
おめでとうございます。心よりお祝い申上げます。
画像には収めていませんが「純粋アドレッセンス 完全版」もこのパターンです。ケースの奥にしまっていて以下略…。今回はあくまで整頓していて気付きをえた本を並べただけだったのでご容赦頂けましたら。
偶々ですが、ここに並べた加瀬さん。の表紙は「ひらり、」最終巻で、「明日きみ」も最終巻である二巻の表紙です。共にちょっと露出度が高い。大人の事情でしょうか。
とにかくおめでとうございます。名付けるなら「挙式」。挙式という形式で最終形態という記念式典的な雰囲気を醸している点でどこか大衆性が生じています。冠婚葬祭ですから、結婚するとなるとそれはもう閉じた世界ではない、恋愛よりも一歩先の何かを感じさせます。何も言うことなどないこの表紙ですが、敢えて気付いたことを加えておきます。
かつて最終形態が「挙式」とされていたのはかつては少女漫画のパターンだったんです。少女・乙女にとってはどうやら結婚が人生の最終課題で夢とされていたのがかつての少女漫画でした。その夢が平成に入ったあたりから時代やらケータイ小説やら様々なものによって破壊されて、昨今の少女漫画でのハッピーエンドは必ずしも「最終形態が結婚」ではなくなっています。その伝統や枠組みが百合漫画の萌芽時代に受け継がれていた気もします。百合であることによってその枠組みが新鮮に感じられる伝統的恋愛表現は他にもありそうな気がするので、どんどんやっていきをしてほしいものです。
余談ですが、一方で「結婚」を最終地点としない、あるいはそれを起点とする漫画(「月が綺麗ですね」「ふ~ふ」等)もあります。どちらも好きです。

 

パターン4:並んで寝ている
よく作中の人物の目線が読者に向いているか、互いに向いているかどうかが百合では肝心という話を見聞きします。さておき、並んで寝ている構図も結構ありました。

f:id:krkawwa:20180521171358j:plain

体も正面に向いていて目線もこちらに向けられていても二人が手をつないでいたり髪にふれあっている、という身体接触の要素があるだけでこの構図は百合ではないでしょうか。互いの所有性を誇っているように見られる。「少女セクト」と「ひらり、」2012年夏のvol.8。「ひらり、」表紙は袴田めら先生作です。表紙に表現されている少女二人は巻頭漫画の「花と稲妻」の人物。性質も外見も正反対な二人が仲良くなるお話です。一方の「少女セクト」も主軸となるこの表紙の二人はまったく別の外見と性質の主です。
全く二人の性質を有する少女が接触を示している、そしてこちらに目線を向けている。これはけして読者を意識した目線というわけではなく、彼女たちの所属する組織やグループのうちから抜け出す過程の宣誓的な目線ではないでしょうか。手をつなぐことは所有だけではなく脱出のための手つなぎ、共存性といったものを感じさせます。単なる依存ではなく勇気のある触れあい、未知なる存在への認識。そうしたわけで浮遊とは全く逆の実在性、リアリティがこの構図にはこもっています。肉欲を描いている「少女セクト」がこの構図に落ち着いているのも不思議ではない正面からの描写なのです。好き。

名付けるとするなら「聖域」とでもいいましょうか。二人の間には作中の邪魔者はおろか読者も何者をも入れません。

 

他にも色々なパティーンや、これを踏まえた別枠や、このパティーンにはこれがはまる! といったものがありそうな気がしますが虫干しの合間に気付いたことなので今回はこのへんで。

今回はパターンの話でしたが、単にこの表紙が好き! というタイトルの話もしてみたいなあ。「月と泥」とか。