【R18】電子書籍の表紙を依頼したけど絵描きさんってすごいなという話(この記事はEnty無料会員向けの記事のリライトです)

現在キンドルで販売している百合でえっち☆な姉妹百合電子書籍「百合えっち☆お姉ちゃんと純白の夜」ですが、表紙をあおい華葉様にご担当頂きました。
その際、自分のラフがこんな素敵なイラストになるのか…と驚きを感じました。
そこで、自分のひどい指定ラフ画が、どのようにリフレッシュされていったのか、感謝とともに制作過程を振り返ってみたいと思います。

 

 

まず、問題なのが指定しようにも指定する側に画力がないという障壁。

f:id:krkawwa:20170730174324j:plain

 

 

ひどいと思う。

大丈夫かな?

というレベルではない指定。

 そう…指定する側のひどさ。

インナーチャイルドによるメッセージの記載。

精神的に不安定感を与えることしかできない図画指定。

絵描き様に対して行う側に指定とやらを成立させる力がない。 

 

もちろん、ラフだけではなく文章で指定させて頂いてはいるのですが、それだけで補えていたのかどうか。

言いわけしますが、絵が描けないから絵を依頼しているのに図で伝えようとすること自体が困難なんですよ。でも、少しでも伝えようと思って…(聞き苦しい)

もうなんかいっそ映画のワンシーンとか、そういうポーズ集から、これです! と指定したりした方がよかったのかもしれません。

ただ、これらのラフにおける問題はそんなことではなくて、本能が伝わりすぎているということです。

どれだけはかせたくないんだ。

どれだけスケスケだよ!!

 

一応補足させて頂きますと、この衣装は姉妹で上下をわけあって着ているという感じでお願いしました。姉の「花」はトップスのみで痴女感を、妹の「リンネ」はスカートだけ! という恥じゅかしみを表現できたらいいなと思いました。

あくまで補足であってフォローにはならないわけです。むしろ黙ってた方がよかった。

 

 

なおかつ、私はパンツの柄に迷いました。早くさっさと指定すべきところを絵描き様を待たせて挙句ツイッターでアンケートを取らせて頂きました。

結果はこうです。

白に赤のリボンが大人気!

しかし私の好みによりピンクの水玉にさせて頂きました。

アンケートとは?

このパンツ柄指定をさせて頂いた後の一定期間、私とあおい華葉さんのメールのタイトルは「パンツの柄」だったこともご報告しておきます。

 

 

しかし、なんやかんやあり、あおいさんからはラフがあがってくるわけです。

天才的なラフが!

その途中過程で色塗り段階の途中過程で示して頂いたサンプルがこちら。

ポイントを把握した上で人体の不自然なところを訂正して頂きつつも、肉感を残してラフにしてくださいました。

f:id:krkawwa:20170730174029j:plain

 

この…こう…これ、何? 神? 

言葉が破綻するだけでなく実際にこのラフ画を頂いてしばらくは嬉しみと衝撃でなかなかレスポンスができませんでした(依頼主として果てしなく迷惑)

本当に脳みそ破壊レベルです。

見ればわかりますよね、そうですよね。

『本当に脳みそ破壊レベルです』みたいなことしか言えないならいっそ黙ってろって話ですよね。

また、上記のラフ画では既にキャラが衣装を装着していますが、その衣装指定も自分がしています。あんなひどいラフをこんな…すごい…

選べないよぉ…

あおいさん、どれも好きです…

どれも素敵なので選べないよぉ…

などと甘えた返信をしそうになるところを、ぐっと堪えて日本語を思い出す作業からはじめました。

もうだって選べますかね、これ。

どれも好き…

しかし、それじゃ絵描き様を困らせるだけなんですよね。

がんばってAが好きですと返信しました。

こうなったら実際好みで選択するよりほかにないのですが、正直Bの淡い雰囲気も「純白の夜」にふさわしいテイストですし、Cのフラットな雰囲気も読み手を選ばず幅広く受け入れられやすそうな雰囲気だと感じました。

けれど自分はAが何よりも好ましいと感じました。こういうのはもう理屈ではない。

何よりも、あおいさんにお願いしたい! と思った、あおいさんの絵の好きな部分が一番感じられるように思われたからです。

 

 

そんなこんなで紆余曲折を経て(ただ私が悶えまくっていただけともいう)仕上げて頂いた素敵カバーの最終形態はkindleでご覧いただけます。

 

百合えっち☆お姉ちゃんと純白の夜

https://www.amazon.co.jp/dp/B01KTXFANO/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_eWEezbP96X541 

 

併せて宣伝させていただきますが、ちまき様に表紙担当して頂いた百合えっち☆シリーズ第一弾の『百合えっち☆濃艶の姫は牛車に揺られて』ともあわせてご購読頂けましたら幸いです。第一弾も色々楽しい作品で思い入れが深いです。

 

百合えっち☆濃艶の姫は牛車に揺られて

https://www.amazon.co.jp/dp/B01IAIH1FA/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_KXEezbJFGX4D4 

 

実は最初のラフに至る前にあおい華葉さんからはキャララフ案を頂いていたのですが、破壊力がすさまじいため、そちらは秘匿です。そちらも公開すれば活動概況としてPRになるのでしょうが、すごく好きなので誰にも見せたくないのでこれはもう著者の特権ということで…(うるせえ)

正直有料記事にしても無料記事にしても誰にも公開するのを憚られるような破壊力です。公開の許可は頂いているのですが、公開したら死人が出ると思います。

最初にそのラフ絵を拝見したとき、本当にほんとうに生きているって素晴らしい、神はいるんだ、ここに…と思いました。

私の生きていく上でのお守りにさせて頂きます。

あおいさんに心より御礼を申し上げます。ありがとうございます。

ほんとにほんとに嬉しかったです。なんだこの記事。

 

 

ちなみに、あおい華葉情報はこちらからどうぞ。

noe(あおい華葉)様

https://enty.jp/noe_aoikaba

noe/あおい華葉 (@noe_aoikaba) | Twitter

 

よろしくお願い致します。